データ

マンション投資で夢を買う【世渡り上手になるために】

不動産投資で稼ぐ

マンション

利回りの高い不動産投資

マンション投資は不動産投資の中でも一般的な投資と言えます。銀行にお金を預けるよりも高い利回りを得ることができますので、現金を持っている人がマンション投資を行うことはよくありますが、最近では資金を借り入れて投資に回している人もいます。通常は、マンションの1室を購入して、その部屋を賃貸して賃料を得ます。当然、初期投資が必要になりますので、投資額の回収には一定の期間が必要になります。そのため、毎年の利益を自分の自由に使用できるわけではありませんので注意しなければなりません。回収期間を終えなければ、結果的にどの程度の利回りになるかは判断がつきません。マンション投資は長期間の投資による収益という性格があります。

空き室対策で収益確保

マンション投資で注意しなければならないのは空き室になった場合のリスクです。賃貸物件である以上、常に空き室になるリスクがあります。一時的に空き室になるだけであれば、回収期間を延ばすことで対応できますが、空き室期間が長引けばそうもいきません。空き室の間は収益がないばかりか、税金や維持費などが必要になりますし、入居者募集のための費用もかかります。そのため、できるだけ空き室にならないような工夫が必要になるのです。マンション1棟を購入して投資する場合には、空き室になっても収益がゼロになるということはありません。マンションの中の1室が空室になったとしても、埋まっている部屋の収益でカバーできるからです。ただし、全体として収益性は下がってしまいます。

Copyright© 2015 マンション投資で夢を買う【世渡り上手になるために】All Rights Reserved.