データ

マンション投資で夢を買う【世渡り上手になるために】

賃貸経営とリスク回避

握手

リスク回避とその特徴

賃貸経営を行う場合、最も大きなリスクとしてあるのが空室の発生である。賃貸経営を行っている人では、様々な対策を行い、空室が発生しないようにしている。これらの空室発生のリスクを回避できる方法が、一括借り上げの活用である。一括借り上げでは、経営する賃貸のマンションやアパートの全室を、不動産会社などの業者が一括借り上げしてくれる仕組みである。その特徴としては、業者が一括で借り上げしてくれるため、オーナーは空室のリスクを回避できるということがある。オーナーは不動産会社などの業者から空室の有無に関わらず、毎月一定の収入を得ることができる。オーナーでは、不動産物件の返済計画を立てていることが通常である為、その計画も立てやすくなる。

業者活用のポイント

一括借り上げの仕組みを活用する際には、いくつかのポイントになることがある。まずは、借り上げの業者との契約が重要ということがある。一括借り上げを活用する場合、借り上げ業者と毎月いくらを受け取れるかの契約を行った上で活用することになる。その際、契約期間を定めることが通常であり、その契約期間内は契約した収益を得ることができる。契約期間が切れると、再度新しい金額で契約を結ぶことになり、業者によっては金額を下げてくるケースもある。その為、納得できる金額である場合には、長期で契約を結ぶ方が良いということがある。また、業者選びも重要となる。借り上げ業者が倒産するなどした場合には、収益を回収できなくなるケースもあるため、業者の経営状態の把握もポイントになる。

Copyright© 2015 マンション投資で夢を買う【世渡り上手になるために】All Rights Reserved.